保育士の就職・転職

30代の保育士が転職する前に必ず考えたいこと4選

投稿日:

 

共働き世帯が増加し、保育園への入園を希望する世帯はどんどん増加しています。
民間の保育園や企業内の保育施設なども増えてきました。それにともなって、保育士不足や保育士の年収の低さなどが社会的な問題として取り上げられるようになりました。
保育士として働いている30代の皆さんにとって、実は今が転職のチャンスです。
逆に40代になってしまうと、体力仕事である保育士としての転職は難しくなってしまいますよ。
転職の意思が少しでもあるのなら、今こそチャレンジの時です。そこで今回は、30代の保育士が転職する前に必ず考えたいこと4選をお伝えいたします。

30代の保育士が転職しようと思う理由

まずは、30代の保育士が転職を考えている理由にどんなものがあるか確認してみましょう。
転職理由は、次の職場を選ぶ時の大きな判断材料になります。
今、「なんとなく転職を考えている」という人でもきっと、次のうちどれかが当てはまる方も多いのではないでしょうか。
反対に、1つでも当てはまるという人は転職を考えてみて良いでしょう。

今の職場への不満

一番よくあげられるのが、今の職場への不満です。
例えば次のような不満を持っている方は多いのではないでしょうか。

長時間労働

早朝から夜遅くまで、毎日の長時間労働に疲れている方。日々の保育業務に加え、教室の整備や行事の準備など子どもたちが退園してからの仕事も山積みで、定時で帰宅できることなんてほとんどないという声も非常によく聞きます。
日々の保育業務も体力勝負で、時間的にも肉体的にも、疲れきっている方も多いのではないのでしょうか。

給与が低い

保育士の平均賃金は年収約216万円。同じ年代の他の業種と比較すると、責任の割に給与が低いことが社会的にも問題になっています。
経験を積んだ保育士ほど、不満は大きいはずでしょう。

人間関係への不満

次に多いのが、職場の人間関係への不満です。
女性が多い職場ですから、年代問わずよく出てくる不満です。
しかし、30代の保育士ならではの悩みも多いようです。

中間管理職的な立場

30代の保育士は、保育士としてある程度経験を積んできたいわば中堅。
しかし、保育士になった人のうち約半数は5年未満に退職しており、現場では中堅層が不足しています。
多いのは短大や専門学校を卒業したばかりの若手と、主任や園長クラスのベテラン保育士。中堅である30代の保育士は、ベテランと若手との間に挟まれて中間管理職的なポジションとなり、難しい立ち回りを強いられることも多いようです。

ライフスタイルの変化

次に結婚や出産などにライフスタイルの変化によるものです。
先に挙げたように、時間的にも体力的にも大変な職場も多く、ライフスタイルの変化をきっかけに働き方を見直そうとする方が多いのです。

キャリアアップを目指す

保育士のキャリアアップは意外と難しいです。
その理由は、ポジションが少ないから。今の職場にキャリアアップの道が見えないなら、他の職場に転職しようと考えるのは当然のことです。

30代で転職するメリット

いかがでしょう、あなたにもあてはまるものがありませんでしたか?
転職を考える30代の保育士が多いのもうなずけますよね。
それでは次に、30代で転職するメリットはあるのかどうか考えてみたいと思います。

保育士としては最後のチャンス

保育士としての転職をお考えなら、30代が最後のチャンスだと思ってください。
体力仕事が求められる保育士の現場では、40代を過ぎるとどうしても求人が減ってきてしまいます。
保育士としての経験と、体力的な面との両方について、自信を持ってアピールできることは、大きなメリットです。

希望の勤務形態や条件で探しやすい

先ほどお話しした通り、30代くらいのベテラン保育士が不足している園は非常に多いです。
近頃増えている企業内保育施設や院内保育施設など、規模の小さい園だからこそ経験者の力を必要としている場合もあります。
このようにベテランを必要としている園では比較的、勤務シフトや給与条件などこちらの希望を聞き入れてもらいやすい傾向があります。これは、今後も長く保育士として頑張っていこうと考えている方にとっては重要なポイントですよね。

30代で転職するデメリット

もちろん、反対に30代で転職するデメリットもあります。次のような点を頭においた上で転職を決断しましょう。

やっぱり若手求人は多い

30代の保育士向けの求人も増加してきてはいるのですが、全体の割合で見るとまだまだ若手を採用したがっている園が多いのもまた事実です。
20代に限定して採用を行っているような所も少なくありません。
求人数が絞られてしまうことは、やはりデメリットでしょう。
しかし、だからこそ今が最大のチャンスだと捉えましょう

経験が邪魔になってしまう

保育士としての経験が長いからこそ、新しい職場になじむのが難しいこともあります。
保育方針の違いであったり、人間関係であったりと原因は様々。
今までの経験が全く通じないということも十分ありえます。そのため、ベテランの採用を躊躇する園があるのも事実です。
せっかく転職しても早期退職に繋がってしまうと、これまでのキャリアは台無しです。だからこそ、30代の保育士の転職活動はじっくりと行うべきです。

30代で転職するのに向いている人向いていない人

ここまでの内容を踏まえて考えると、30代で転職するのに向いている人、また逆に向いていない人は次のようなタイプだと言えます。

向いている人

・新しい環境に対応できる、変化に柔軟な人

・キャリアアップを望む人

・一生保育士としてやっていきたい人

向いていない人

・今の職場が何となく嫌で転職を考えている人

・保育士として長くやっていくつもりがない人

いかがでしょう、どちらかに当てはまりましたか?
しかし、向いていなという人もちょっと待ってください。
30代で転職を決断した人にも悩んでいる人にも、必ず考えてみて欲しいことが4つあります。

30代の保育士が転職する前に必ず考えたいこと

変化に柔軟に対応できるか?

これまでの保育士としての経験やスキルは間違いなく強みであり、武器でもあります。
しかし、新しい職場では自分が一番の新参者。園の保育方針に疑問を感じても、年下の先輩保育士にたしなめられても、まずは一度素直な気持ちで受け入れる姿勢が必要とされます。
新しい環境に柔軟に対応しながらも自分の良さを少しずつ出していけるような方なら、30代での転職を迷う理由はありません。

なぜ転職したいのか?

転職を考えた理由を明確にしておきましょう。
給与、働き方、保育方針、キャリア…あなたが転職先に求めるものは何でしょうか。
自分の中でぶれない軸を持っておかないと、そもそも30代の転職活動はうまくいきません。
転職理由がはっきり見えてきた人は、ぜひ転職活動をはじめてみましょう。

「何となく」転職していいのは20代まで

今の職場に何となく不満があり、何となく転職を考えているという人は今すぐの転職は考え直すべきです。何もかも漠然とした状態で転職してもうまくはいきません。
20代なら、もし失敗してももう一度チャンスがあるでしょう。しかし、30代だとそうはいきません。
今何を不満に思っているのか、転職先に何を求めるのか、今後の人生設計をどう考えているのか、この先保育士としてやっていくつもりがあるのか…?など、もう一度自分自身としっかり向き合ってみましょう。

今後の人生計画は?

家庭と両立させたい

結婚や出産にともなってライフスタイルが変化してしまっても保育士として頑張りたい、でも今の職場ではそれは難しそう…という人にも、30代での転職をおすすめします。
何度も言いますが40代になってしまうと一気に求人が減ってしまいます。育休・産休がしっかりとれる、時短勤務ができる、夫の転勤があっても一緒に移動できる…など、今のうちに、あなたが望むライフスタイルを実現できる園を見つけましょう。

キャリアアップしたい

今の職場でのキャリアアップが望めず転職を考えているのなら、絶対に30代のうちに転職するべきです。30代なら、主任候補や園長候補としての求人にも応募しやすいです。
また、民間の保育園なら多くの園を運営していますし、新しい園もどんどん新設しているのでポストが回ってくる可能性も高くなります。30代の今を逃す手はありません。

保育士として長くやっていくつもりがあるか?

保育士として将来を考えていない方は、今の職場で出来るだけ頑張ることをおすすめします。
30代の保育士採用において、多くがその経験値と将来的な活躍が期待されているからです。
反対に長く保育士として働いていこうと考えるなら、それが実現できる園へ転職するべきです。

保育士から保育士へ転職する時に気を付けること

それでは、実際に保育士としての転職活動においての注意点をお伝えします。

希望条件に妥協点を

給与やシフトなど、働き方の希望条件は明確にしておくべきですが、同時に妥協ラインを設けておきましょう。
例えば同じような経験を持つ保育士が面接に来た場合、園としてはできるだけ働き方に制限がない保育士を採用しようと考えるのは当然のことです。

(例)

・土日は休みたい→月に2回までなら出勤しても良い

・年収250万円以上を希望→230万円までなら承諾する

このように柔軟な姿勢を示しておけば、園としても採用しやすくなりますよ。

今後の人生計画が叶えられる職場を選ぶ

くどいようですが、保育士としての転職は30代がラストチャンスです。
今後の人生計画を叶えられる園を選びましょう。

(例)

・家庭を持ちたい→子育て中の保育士が在籍しているか?

・キャリアを積んでいきたい→昇格のチャンスはあるのか?

など、面接で質問すれば答えてもらえることも多いので、この点にはぜひ注意して転職先を選びましょう。

自分の保育方針と合う保育園を

これまで保育に携わってきた経験があるからこそ、保育士としての考え方がしっかりしている人も多いはず。
子ども同士の喧嘩にどう対応するか、どのようにしつけを行うか、食育についてどう考えているか、保護者との付き合いはどのようにするか、行事にどう取り組むか…など。
転職先では、これまでの経験や自分自身の考えを100%通すことは不可能です。だからこそ、基本的な保育への考え方が合った園を探しましょう。

保育士から他業種へ転職する時に気を付けること

正直にお話しますと、30代で保育士しか経験がない人が他業種へ転職するのはなかなかむずかしいです。
それでも他業種へ転職しようと考えている人は、次のことに注意しましょう。

高待遇は望まない

一般的に、未経験からチャレンジできる高待遇の仕事はきついものが多いです。
なかなか長く続けることができない人が多いのも事実。
30代で新しい仕事にチャレンジしようと思うなら、待遇よりも長く続けられるということにポイントをおいて仕事を探しましょう。

保育士への復帰は大変

他業種に転職したものの、やっぱり保育士に戻ったという人も少なくありません。
しかし、これがうまくいくのは20代まで。
体力や将来性を買って採用される20代とは違って、スキルや経験が売りの30代はブランクが長くなればなるほど復帰はしんどくなります。
他業種への転職を考えるなら、そこまでの覚悟を持っておきましょう。

30代の保育士が転職する方法とは

では実際に、転職するための具体的な方法についてご紹介します。
それぞれのメリットとあわせてデメリットもお伝えしますので、あなたに一番あった方法で転職活動を行ってみましょう。

求人を出している園に直接応募する

園のHPや、園の前に貼ってある求人ポスターなどを探して応募する方法です。一番シンプルでオーソドックスなやり方でしょう。

メリット

応募する園を直接見て応募するので、応募段階でその園のことがよくわかります。

デメリット

一つ一つ求人を探すのには非常に手間がかかってしまい、転職活動にかける時間の大きなロスになります。

転職エージェントを利用する

エージェントに登録し、コンサルタントに求人検索から面接までサポートしてもらう方法です。最近では保育士専門のエージェントも増えてきています。

メリット

自分の希望をもとに求人を探したり、書類の提出や面接日の設定を代行してくれたりするので非常に楽です。在職中で時間がなくても、手軽に転職活動ができます。

デメリット

エージェントが採用を出したい園を強くすすめられるなど、自分の考えとは異なる園へ応募してしまう可能性が0ではありません。また、面接当日までのやりとりをエージェントがしてくれるので、どのような園なのか自分で確かめることのないまま転職活動を進めてしまいがちです。

転職サイト

色々な求人がまとめて掲載されているサイトから応募する方法です。保育士専門の求人サイトもあります。

メリット

1つのサイトを見るだけで、色々な種類の求人を自分で比較しながら選ぶことができるだけでなく、気に入った所があればワンクリックでエントリーできるので効率的です。
また、応募したあとのやりとりは直接園と行うため、安心して転職活動を進められます。

デメリット

応募先と自分で連絡をとることになるので、複数応募した場合は転職エージェントを利用した時に比べると少し手間はかかってしまいます。それでも、直接応募よりは楽でしょう。

保育士転職サイトおすすめランキング

さいごに

ここまでお読みいただき、30代の保育士が転職する前に考えておくべきことがわかりましたか?
中には今すぐの転職はやめておこうと思われた方もいるかもしれません。
そういう人は、まずは今の職場でコツコツと経験を積んでおきましょう。きっと、あなたにとってベストなタイミングがやってくるはずです。いずれにせよ、30代の今が一番保育士としての価値が高い時だと、自信を持って前向きな気持ちでいることです。
そして、保育士としての人生の夢を叶えられる場所を見つけてくださいね。

-保育士の就職・転職
-, ,

Copyright© 保育士転職サイトおすすめランキング。人気はどれ?【2018】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.