保育士の就職・転職

保育士転職で失敗や後悔をしてしまう人の特徴とは?

投稿日:

 

転職をするかしないか悩んだことがある人の中には、「転職に失敗してしまわないか」、「転職を後悔してしまわないか」、と感じている方も多いのではないでしょうか。
慣れた職場を離れて新しい場所で1からスタートすることには期待も多いですが、それだけ不安がのしかかってくるのは当然のことでしょう。
そこで、保育士転職で失敗や後悔をしてしまう人はどのような人なのかをお伝えしましょう。自信を持って転職できるように、しっかりと心の準備をしっかりしておくことが大切ですよ。

保育士転職でよくある失敗や後悔とは?

はじめに、保育士の転職で失敗や後悔を感じてしまう理由を考えてみましょう。

保育士から保育士への転職の場合

待遇が悪くなってしまった

保育士が転職したい理由としてよくあげられるのが、「待遇の悪さ」です。子どもたちの成長を目の前で見られる保育士という仕事に、強いやりがいを感じている保育士の方は多いでしょう。
園の子どもたちにも深い愛情を持って接していることと思われます。
それでも新しい保育園へ転職しようとする保育士が多いのは、より良い待遇を求めているからです。
しかし実は、転職すると逆に待遇が悪くなってしまったという人も少なくないのです。
「前の職場に愛着もあったし子どもたちも大好きだった。なのに、わざわざ待遇の悪い所に転職してしまった…。」これがどれほど大きな後悔となるか、きっと保育士の皆さんなら痛いほどわかりますよね。

園の保育方針と合わない

一方で、高待遇な職場に転職できた人のすべてが満足しているかというと実はそうではありません。
待遇を改善できたにも関わらず転職を後悔している人の多くは、保育方針の違いに悩んでいます。同じ保育園とは言っても、保育についての考え方や方針は全く違っているからです。
例えばオムツひとつとってみても、紙おむつと布おむつではやり方が全く違いますよね。
その他にも、給食の指導方法、トイレの指導方法、遊びのルール、保護者との付き合い方、行事への取り組み方など、前の職場での経歴が長ければ長いほど、新しい職場のやり方を「合わない」と感じてしまう事が多くなってしまいます。自分のやり方を貫けないことがストレスとなり、転職を後悔してしまうのです。

職場の環境になじめない

男性保育士がだんだん増えているとは言え、まだまだ女性が多い保育士の世界。女性ならではの人間関係の難しさがあり、それが転職の理由になることも。
転職先での人間関係になじめないことで、転職を後悔してしまう人も多くいるようです。
歳の近い人や気の合う人、頼れる人、尊敬できる人など…あなたが職場に求めている人間関係が十分に築けるかどうかで、転職を失敗だと感じてしまうかどうかが変わってくるでしょう。

保育士から異業種への転職の場合

仕事が決まりにくい

保育士から異業種への転職は簡単ではなく、スムーズに決まらない事もあります。
そうなると、「やっぱり保育士の仕事を探すべきか…」と悩んでしまい、転職を後悔してしまう人が多いようです。

やりがいが持てない

無事に異業種へ転職することができた場合でも、後悔はつきもの。
子どもたちとともに成長できる保育士の仕事はやはり特別で、利益を追求するためにある民間企業での仕事にやりがいを見出せないかもしれません。
やりがいが持てないと、保育士を辞めたのは失敗だったと感じてしまうことでしょう。

失敗や後悔をしてしまう人の特徴とは?

それでは、こういった失敗や後悔をしてしまう人の特徴について考えてみましょう。
次のどれかに当てはまる人は、転職するかどうか慎重になってみた方がいいかもしれません。

勢いで転職を決めてしまった人

「今の職場がとにかく嫌だ」、「何となく環境を変えたい」など、勢いで転職を決めてしまった人は失敗しがちです。
なぜなら、転職の目的が明確になっていないからです。
目的がしっかりしていないと、転職してから職場環境や待遇面での不一致に気が付いてしまいます。
転職は人生を決める大きな決断です。勢いで決めてしまっては、必ず後悔が残るでしょう。

キャリアプランを描けていない人

同様に、キャリアプランを描けていない人も転職に失敗しがちです。
自分がどんな保育士になりたいのか、どんな人生を送りたいのか、そしてそれが実現できる職場はどこなのか?
これが明確でなければ、自分に合った転職先は見つかりません。転職したあとで、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるのです。

求人サイトやエージェントを十分に活用できなかった人

転職の目的やキャリアプランがはっきりしている人でも、失敗している人もいます。
その多くは、求人サイトやエージェントを十分に活用できていないことが原因です。
いくら目的やキャリアプランが明確であったとしても、希望がかなえられる転職先を見つけられなければ意味がありません。
しかし、たくさんある保育士求人の中から希望通りの転職先を見つけるのは非常に難しいのです。
求人サイトやエージェントをうまく活用できれば解決するのですが、できない人はきっと転職を後悔することになるでしょう。

失敗や後悔をしないためには?

保育士転職で失敗や後悔をしてしまう人の特徴がわかったと思います。
それでは最後に、失敗や後悔しないための対策についてお教えします。

転職理由を明確にしてくこと

何より大切なのが、転職理由を明確にしておくことです。
転職理由がはっきりしてくれば、次の職場に求めるものが何かが見えてくるので転職活動における軸がしっかりします。軸がしっかりしていれば、転職先を選ぶときに迷いがなくなります。
きっと納得のいく転職先を見つけることができるでしょう。保育士転職においては、特に次の2点は抑えておきましょう。

待遇はどうか?

給与条件、ボーナス、通勤時間、勤務時間、休日、福利厚生…ひとことに待遇と言っても、人によって重要視するポイントは違います。
これだけは譲れないという条件は何なのか、妥協できるラインはどこなのかをはっきりさせておきましょう。

保育方針はどうか?

保育士としての経験が長ければ長いほど、自分なりの保育に対する考え方がはっきりしていることでしょう。
考え方がはっきりしていればいるほど、自分と異なる考え方を受け入れることが難しくなってしまいます。
もちろん新しい環境で働くのですから、ある程度の妥協は必要かもしれません。
しかし、できるだけ自分がやりたい保育ができる職場を選ぶことが、転職を成功させる秘訣です。

キャリアプランをしっかり描くこと

次に大切なのはキャリアプランをきちんと描き、実現できる職場を探すことです。
例えば将来的に主任や園長を目指したいと考えている人は、少しでも昇進のチャンスのある園を選ばなければ意味がありません。
反対に、家庭を持って子育てをしながら保育士を続けていきたい人は、子育て支援制度が充実した園を選ぶべきでしょう。
このように自分のキャリアプランが描くことができていれば、将来の自分にとってピッタリな職場を選ぶことができるのです。

求人サイトやエージェントを100%活用すること

転職の失敗を防ぐために最も重要なのは、求人サイトやエージェントを100%活用することです。
自分の転職理由やキャリアプランに合う職場を探すために、この2つをうまく利用しましょう。
求人サイトなら複数の求人をまとめて比較することができます。
自分の希望する条件と少しでも近い職場を探してみましょう。
また、エージェントを利用すれば求人サイト以上の情報を手に入れることができます。
特に園の保育方針や雰囲気、場合によっては人間関係など、サイトや広告に書かれた文章からは読み取れないリアルな情報が入手できることもあります。
保育士転職を後悔しないために、まずは正しい情報を集めることからはじめましょう。

まとめ

保育士転職で失敗や後悔をしてしまう人の特徴と、その原因がおわかりいただけましたか?
転職のチャンスというのは、そう何度もやってくるものではありません。
環境を変えて新しいスタートを切ることのできる貴重なチャンスを成功させるか失敗させるかはあなた次第です。
良い職場に巡り合えるよう、きちんと軸を持って転職活動に挑みましょう。

-保育士の就職・転職
-, , ,

Copyright© 保育士転職サイトおすすめランキング。人気はどれ?【2018】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.